迷ったらココ!ラミネーター関連ならお任せ下さい!「PRESS A LAMINATION」

PRESS A LAMINATION TOP
PRESS A LAMINATION  TOP PRESS A LAMINATION ラミネートとは PRESS A LAMINATION ラミネーターとは PRESS A LAMINATION 購入について PRESS A LAMINATION 申し込みの流れ PRESS A LAMINATION お問い合わせ PRESS A LAMINATION PRESS A LAMINATION
PRESS A LAMINATION
PRESS A LAMINATION ラミネートの特徴
PRESS A LAMINATION ラミネートの用途
PRESS A LAMINATION ラミネートの問題点
PRESS A LAMINATION ラミネートの選び方
PRESS A LAMINATION
PRESS A LAMINATION 製品紹介
PRESS A LAMINATION ラミネートフィルム
PRESS A LAMINATION ラミネーター
PRESS A LAMINATION
 

【お問い合わせ先】

PLESS A LAMINATION

お問い合わせフォーム

PRESS A LAMINATION ラミネーター

ラミネーターにはたくさんの種類がありますが、それぞれの使用用途により加工方法が違ってきます。
その中でも、代表的な加工方法を紹介していきたいと思います。
またこれらの作品をDVDにしてみてはいかがですか!?

ホットラミネート加工(パウチ加工)

これは皆さんも良くご存知のいわゆる普通の“ラミネート加工”です。
別名は“パウチ加工”とも呼ばれています。
ホットラミネート加工の主な特徴としては、フィルムの淵が5ミリ出ています。(透明な物・つや消しな物)
また、淵が5ミリあることで水が簡単に浸入することを防いでいます。

※しかし、あくまで防滴なので一端水没すると1日〜2日で淵から水が侵入してきます。

尚、ホットラミネートの表面の種類は一般的には、クリア・断面マット・両面マットの3種類があります。

こちらも使用用途によって使い分けられます。
以下はホットラミネートによる代表的な使い方になります。

飲食店メニュー
スタッフカード
パチンコスタート札
ホチキス留め
かしめ留め
穴あけ加工
リング製本
プラスチックリング
はく離フィルム
 

 

PP加工

PP加工のPPとは、ポリプロピレンという原料を指しています。一般的などには、教科書や本などの表面に使われるフィルム加工です。
工程としては、紙の表面にフィルムを貼り、光沢処理やつや消し処理を施し紙を保護します。また、ビニール引き、プレスコート加工などもあり必要に応じては部分的に加工を行わないスポット加工も可能なのが特徴的です。

ラミネート加工(ホットラミネート加工)とPP加工との違い違い

その1:原料が違う

PP加工の上記で説明したように、原料はポリプロピレンなのですが、ラミネートフィルムはポリエチレンを使用します。

違いその2:“ふち”がない

ラミネート加工(ホットラミネート加工)は5ミリの“ふち”がありますが、PP加工にはその“ふち”がありません。
PP加工後に断裁加工し、ふちの部分を切り落としています。

違いその3:片面、および両面に貼る事を選択できる

一般的にラミネート加工(ホットラミネート加工)は、両面に貼る事が前提の加工ですが、PP加工は片面、両面に貼る事を選択出来ます。

 

パック式ラミネート加工

パック式ラミネート加工とは、お店などでよく見かける2枚1シート状のフィルムを加熱プレスし、ラミネート機でサンドイッチする加工の方法です。
その際のラミネートフィルムサイズは名刺サイズ〜A3ノビ版まで広く対応し、フィルム厚も100μ・150μ・250μと多数あります。
また、フィルムの仕様も両面光沢・両面つや消し・片面光沢片面つや消しなどが多彩なニーズにお応えできます。
これらも使用用途により使い分けてラミネート加工を施します。

 

こちらからラミネーター製品ページへどうぞ

pickup

2015/4/9 更新


 

 
Copyright(C) 2004-2008 PRESS A LAMINATION  Co Ltd. All Rights Reserved