迷ったらココ!ラミネーター関連ならお任せ下さい!「PRESS A LAMINATION」

PRESS A LAMINATION TOP
PRESS A LAMINATION  TOP PRESS A LAMINATION ラミネートとは PRESS A LAMINATION ラミネーターとは PRESS A LAMINATION 購入について PRESS A LAMINATION 申し込みの流れ PRESS A LAMINATION お問い合わせ PRESS A LAMINATION PRESS A LAMINATION
PRESS A LAMINATION
PRESS A LAMINATION ラミネートの特徴
PRESS A LAMINATION ラミネートの用途
PRESS A LAMINATION ラミネートの問題点
PRESS A LAMINATION ラミネートの選び方
PRESS A LAMINATION
PRESS A LAMINATION 製品紹介
PRESS A LAMINATION ラミネートフィルム
PRESS A LAMINATION ラミネーター
PRESS A LAMINATION
 

【お問い合わせ先】

PLESS A LAMINATION

お問い合わせフォーム

PRESS A LAMINATION ラミネートの問題点

ラミネートの問題点

2014/9/30 更新

 

ロールのトラブル

セットミス フィルムの表裏を問違えた場合だとうまく進まなかったり、ロールに巻き着いたりします。また、ブレーキ用の引っ掛かりツメを逆にした場合だと、縦ジワや斜めジワがひどくフィルムが大きく左右にぶれる場合があります。
圧力レバーミス また、レバーの下げ忘れではラミネートロール側の時は品物がほとんど接着しないで出て来ます。引っ張り(出口)ロール側の場合は機械に絡まることが多いです。
カール捻れ 上下のブレーキ調整が合っていない場合、品物は強い方にカールします。捻れは機械の捻じれの場合よりも、フィルムを交換すると直る場合がほとんどですが、ある程度は仕方の無い場合も有ります。
温度不足 設定温度が極端に低かったり、大量の物を連続加工すると、温度不足で白っぽく仕上がったり、接着が悪かったりします。時折、様子を見ながら休み、温度を少し上げたりします。
温度過剰 あまりに温度が高すぎると仕上がりが凹凸になったりします。
密着不良 温度が低かったり、圧力が弱い場合だとと密着不良になります。また、対象物の質や表面状態によっては表面加工した物や樹脂状の物などは密着しません。
斜めシワ 圧力が極端に左右違った場合や、機械の捻じれの場合はほとんど無く、ツメを逆にセットしたり、ストッパーを上下逆にした場合が多いようです。
ちりめんシワ 出ロロールより入ロロールが早い速度だと、とさざなみの様な模様が出ます。因としては出ロロールの滑りや圧力不足、ギヤが前後逆の場合等が有ります。
ハの字と逆ハ 進行方向の左右が進み真ん中だけが遅れ、一定問隔の逆八の字の様な模様が出る時は圧力が強過ぎたり、ロールが滅って端の方だけに圧力が掛かっている場合が多いです。また、ハの字の場合はその逆です。
船蹟シワ 進行方向の左右の透明部分に船の左右に起きるの波の様なシワが出ます。これはフィルムに対して紙が厚すぎる場合に起きます。
トタン状波 進行方向と同じトタン状の波は対象の紙やフィルムの縮みによるものです。これは紙によっては温度で左右が収縮したりする場合も有ります。

プレスしたCDはラミネートできませんのでご注意を。CDにラミネートを施したらCDを読み込めなくなってしまうと思います。プレスCDはラベルをきれいに印刷してケースにしまって保存すれば、ラミネートと同等の効果が得られます。ラベル印刷でCDの印象は変わりますし、ラベルの印刷までこだわるCDは素敵です。

 

加工の際のトラブル

プリンター等の出力物
プリンター等の出力物には様々なタイプがあ、一部には熱ラミネートが適さないものがあります。
この症状としては、熱による歪みの発生、波打ちやメディア表面との相性の悪さが原因の接着力不足等があります。また、出力方式、インク種別、メディア種別やメディアのサイズなど様々な汲み合せによりラミネート適性は変わりますのでお気を付けください。

水蒸気 書きたてのインク、墨、または乾いていない水のり等が加工時の熱で蒸発し、中に残る事が有ります。
厚い物の縁 紙が厚過ぎると縁が密着しません。対象法としては、フチ無しにするか後からアイロン加工します。
張り合わせ物 2〜3枚の紙を縁だけ張り合わせた物をうミネートするとフニャフニャだったり、シワがよったりしますし、折ったりするのも難しくなるのであまりオススメしていません。
その他

ラミネート後のカット時にもミスは起きたりしますので気を付けましょう。また、カシメの製本や、折れスジを依頼されたりする場合も有ります。それぞれやり方が有ります。詳しくはお問い合わせからご質問下さい。

 

公害問題

現在のラミネートフィルムは、ポリエステルフィルム(PP)がベースの主原料であり接着剤はポリエチレン系の複合フィルムです。
今現在では実質、再生リサイクルは出来ませんので焼却処理することになります。
また、ラミネートフィルムそのものに一切毒性はありませんし、燃焼ガスも有害ではありません。しかし、ダイオキシンにつきましては塩化ビニールの低温燃焼による原因説が最も有力とされていますので、ラミネートフィルムは問題無いと言う見方です。

近年、地球環境間題及び廃棄物間題の高まりにより、廃棄物を無公害で処理することや、再生、再利用して資源として有効利用することなどの廃棄物対策の必要性が強く叫ばれており、このような世論のもとで、国内外共に廃棄物の無公害化、再資源化の研究開発、実用化へ向けての試みが盛んに行われています。

これは廃プラスチックについても同様の見解であり、国、企業、業界等で、諸施策が打ち出され、様々な処理・再生利用に係わる研究開発、実用化の検討が各所で行われています。
リサイクルは大別してマテリアルリサイクルとサーマルリサイクルに分けられる。とされ、ここではサーマルリサイクルとは、廃プラスチックを直接燃焼させるか、 または一旦燃料の形に加工(燃料化)して燃焼させ、最終的にエネルギーとして回収し利用することを言います。

 

recommend

2017/1/24 更新

 

 
Copyright(C) 2004-2008 PRESS A LAMINATION  Co Ltd. All Rights Reserved